医者

いぼ治療は美容整形がオススメ!診療にかかる費用・相場とは

  1. ホーム
  2. 皮膚科で早く治す

皮膚科で早く治す

カウンセリング

自己流より病院へ

いぼがができるととても気になりますよね。顔や首、手など服から出ている部分などにできた場合は見た目にも老けてしまうし、痛みがある場合は辛いですよね。ドラッグストアで色々な薬も売っているので、自分で治そうと挑戦されている方も多いでしょう。でもなかなか効果が出ず、困っている方も多いのではないでしょうか。このような時には、病院で治療を受けることがおすすめです。専門家に診てもらったほうが、一番効果の高い治療をしていただけるので、早く治すことができますよ。病院での治療にはどのようなものがあるでしょうか。治療には大きく分けて3つの種類があります。ひとつ目は、レーザー治療です。レーザーでいぼを丸ごとくり抜く治療で、一般的によく行われています。いぼの大きさや深さに応じて、レーザーの強さを調節して肌に負担がかからないように行います。丸ごとくり抜くといっても、出血や痛みが少ない方法なので、痛いのが嫌だという方にもおすすめです。必要な部位に必要なだけのレーザーを使用するので、ピンポイントで処置をすることができるので、傷跡が残りづらいところもメリットです。期間は3ヶ月から半年ほどで済むことが多いようです。ふたつ目は、液体窒素で焼ききる方法です。マイナス196度の液体窒素で綿棒の先を凍らせて、それを患部に押し当てます。低温火傷をわざと起こして焼ききる方法ですので、痛みを伴ってしまう場合があるのがデメリットです。しかし、保険が効く場合も多いので、治療費が安く済むのも特徴です。徐々に焼き切って行くので、数回病院に通うケースが多いです。3ヶ月から一年と、割と長い期間の通院が必要になりますので、早くいぼを取ってしまいたい方には不向きな面もありますね。また、低温火傷と同じ状態ですので、ウイルスに感染しないよう処置の後はきちんとケアをする必要もあります。三つ目は、内服薬を飲む方法です。ハトムギの種の殻を砕き、乾燥させたものを飲みます。飲むだけですので、痛みなどの辛さをまったく感じなくて済むのが良いところです。ただし、効果が出やすいものとそうでないものがありますので、あまり効果が現れない場合もあります。しかし、いぼだけでなく免疫の向上や吹き出物の改善にも効果がある内服薬ですので、他の効果も期待できます。方法は他にも様々ありますが、自分で判断して市販薬などで改善しようとするより、ドクターに患部の状態を診てもらって、最も適切な方法を判断してもらう方が早く改善することができます。いぼによく似たもので判断が難しいものもありますので、自分ではいぼのつもりでもそうではないこともあります。まずは一度皮膚科に相談してみると、きちんと病状を説明してもらえるので、納得した上でどの方法にするか選択すると良いですね。普通の生活をする方はいつ治療してもかまいませんが、学生さんで運動系の部活や試合がある人は、痛みが残る場合もあるので時期を選ぶ必要も出てきます。数回通う必要性のある治療法を選択する場合は、スケジュールにも余裕がある時を選べると良いですね。痛みも伴ういぼの場合は、早く治療してすっきりしたいですよね。