みんなで大家さんなら初心者でも簡単に投資が可能

アパート経営の基礎

部屋

安定経営のために

アパート経営などの不動産投資を行う場合、いかに収益性の高い不動産を購入するかということと同じくらい大切なのが、賃貸管理会社の選定です。新築のアパートやマンションの場合には、入居率ゼロからの経営スタートになります。そのため、いかに入居率を高めるかを考える必要があるのです。しかし、せっかく入居させても賃料の滞納があれば、入居していなことと同じことですし、逆に収益性を損なうことになります。退去時の原状回復の判断も、所有者負担なのか、入居者負担なのかなどの判断も法律的な要素だけではなく、経験則が重要な判断になるケースも多く素人が判断することは難しいものです。このように、入居者の募集から始まり、クレーム対応、工事の手配、毎月の賃料管理など賃貸に関する様々な問題も所有者に代わって行い、所有者の負担を解消してくれるのが、賃貸管理会社です。アパート経営にかかる全ての仕事を自分自身で対処することは、想像以上に所有者の負担になるうえ、個人の努力だけでは対処しきれないことがアパート経営には数多くあります。賃貸管理会社へ賃貸管理を委託する場合、費用はかかりますが、信頼できる賃貸管理会社を持つことにより、その効果は時間的、精神的効果だけではなく、収益アップとういう経済的効果にも繋がります。当然、賃貸管理手数料は、申告の際には控除費用として認められているのです。管理を委託すれば、不動産所有者の仕事は、毎月賃貸管理会社から振り込まれる賃料の確認だけとなります。