みんなで大家さんなら初心者でも簡単に投資が可能

利用するメリットとは

相談

利用者増加の理由

不動産投資で成功をするためには、賃貸物件の稼働率を高めて、確実に継続して家賃収入を得ることが大切です。稼働率を高めるためには、家賃を低く設定し、入居者に求める条件も少なくするという方法がありますが、身元のはっきりしない入居者を受け入れると、家賃滞納のリスクも高まります。以前は、賃貸物件に入居するときには、家賃滞納などのリスクに備えて、連帯保証人を立てることが一般的でした。しかし最近では、少子高齢化の影響などで、経済的に余裕のある親族が少なく、連帯保証人を立てることができない人も増えています。そういった背景により、不動産賃貸契約において、連帯保証人代わりの役割をする賃貸保証会社を利用するケースが増加しています。賃貸保証会社は、入居者が家賃を滞納してしまったときに、入居者に代わって、オーナーに家賃を支払います。その後、賃貸保証会社は、入居者から立て替えた家賃分の債務回収を行います。不動産オーナー自身が、入居者から債務を回収するためには、弁護士などの力を借りなければならないこともありますが、賃貸保証会社を利用すれば、その心配がなくなります。不動産収入が得られない空白期間が発生するリスクもなくなるので、不動産収入を生活費や投資の回転資金としている人にとっても安心です。入居者にとっては、賃貸保証会社を利用することで、自分で連帯保証人を探す手間がない、いざというときに親族に迷惑をかけなくて済むというメリットがあります。