医者

いぼ治療は美容整形がオススメ!診療にかかる費用・相場とは

  1. ホーム
  2. 通院回数は施術方法で違う

通院回数は施術方法で違う

レディ

患部はいじらないのが基本

皮膚が盛り上がっているいぼがある場合は他人の視線も気になりますが、整形治療を行う美容クリニックでも施術を受けられますので、キレイに取り去ることができます。主な施術方法には液体窒素やレーザー、それにメスで取るといった複数の種類があり、いぼのサイズによっても治療方法が分かれるのも一般的です。それぞれの施術方法により治療期間は違いますから、カウンセリングではそのこともしっかり聞いておくようにしましょう。また、いぼは皮膚にできていても痛みなどはありませんが、ウイルス由来のタイプもあり、手で触れ過ぎれば増殖する恐れもありますから、気をつけてください。特にウイルス性の場合は他人へ移ることもあるため、できれば放置したりせず、クリニックでの早期治療を心掛けておきたいところです。美容整形クリニックでは自費治療も豊富ですが、保険診療が受けられる場合もありますので、費用を抑えたい時は前もって確認してみましょう。保険診療では、マイナス196度といった液体窒素をいぼに直接塗布する施術も多いのですが、1回の施術で完璧に取るのは難しいことを知っておいてください。そのため、1週間に1回や半月に1回ほどのペースで、完全に除去できるまで複数回通院することになります。この治療方法は超低温の液体を患部に当て、意図的に低温やけどを起こし、異常のある皮膚組織を壊して健常な皮膚を生成させる施術です。早く治したい場合は液体窒素の当て加減を強めれば良いのですが、その際は痛みも強くなりますので、その点には留意しておきましょう。施術を受けた箇所は急速に低温やけど状態になるため、術後は水ぶくれや内出血、もしくは痛みも出るのが普通です。それらの症状は次第に回復しますので、あまり心配しなくても良いのですが、できた血豆や水ぶくれは潰さないようにしましょう。下手にいじればウイルスがほかの皮膚にも広がり、いぼの被害がこれまで以上の範囲に拡大してしまうかもしれません。血豆や水ぶくれは見た目こそ良くありませんが、その下では新しい皮膚が着々と作り出されていますので、極力保護するように努めてください。もしも患部を保護するテープなどをクリニックからもらっている場合は、医師の指示に従って貼っておくのが大切です。ウイルスで生じたいぼは、増殖や転移をしてしまう可能性が少なくなく、再発した際は再治療が必要になります。ですから治療中などは細心の注意を払っておくことも求められていますが、軟性線維腫などのウイルスとは関係ないいぼなら、再発するリスクはありません。一方、美容整形クリニックではレーザー治療も大変人気になっている施術で、こちらは自費扱いですが、ほぼ1回の施術でいぼを取れるのが魅力です。しかし、1回の施術で沢山取ればそこから先が大変になるため、複数のいぼを治療する時は、複数回に分けた方が賢明になります。レーザーで除去しますと、後日にかさぶたができますが、これも血豆などと同じく、無理にはがしたりしないよう注意してください。そのほか7ミリを超えるなど、いぼが一定以上大きい時は切開して取った方が望ましいこともあるので、カウンセリングではそれも視野に入れ、施術方法の相談を致しましょう。